掛け軸に関する知識を伝える「掛け軸の書」で豊富な知識を得ていきましょう!

チョリンク

掛け軸のサイズと部屋の大きさ

掛け軸は、和室の床の間や茶室に飾ったりしますが季節や祝い事などによって、絵柄は変えなければなりませんし、また、部屋の大きさによってもサイズが違ってきます。
家を新築してから初めて掛ける場合は、年中掛けの水墨山水や採色山水、四季花、富貴花や牡丹、竹にスズメ、書などを飾ります。
また、正月や結納などのめでたい席では、松竹梅鶴亀、高砂、赤富士、旭日、七福神や布袋、恵比須大黒、寿老人などになります。
更に、桃の節句や端午の節句では、立雛、桃の花、武者や兜、出世鯉などになり、家内安全や厄除けなどは縁起物として、猛虎や六瓢箪、南天福寿、昇鯉などになります。
他にも、四季折々のものや、仏事などそれぞれの用途にあった絵柄があります。
そして、サイズは床の間の広さに合わせて選んでいきます。
一間床、約180儷劼蓮⊆楔浙劼噺討个譴詭鵤僑悪儖未龍劼里軸が一般的ですが、それ以下でも構いません。
また、半間床、約90儷劼蓮半切や尺巾と呼ばれる約30僉腺苅記儖未里發里、最適になりますが、尺二・尺三あるいは尺五巾でも掛けられます。
天井の高さは、吊り金具をつける位置から床までの総丈から約30兀垢薫いた長さの掛け軸が限界になりますが、短いものは構いません。

おすすめWEBサイト 5選

大手電話代行会社の口コミは?

最終更新日:2017/8/10


COPY RIGHT (C) 掛け軸の書 ALL RIGHT RESERVED