掛け軸に関する知識を伝える「掛け軸の書」で豊富な知識を得ていきましょう!

チョリンク

掛け軸の鑑定ポイント

掛け軸の鑑定のポイントはいくつかあります。
どのような掛け軸をお求めかによって、注意すべき点は異なってくるものですが、今回は一般家庭に飾る比較的安価なものを直接購入する際のポイントをいくつか紹介します。
まず、紙質を見ましょう。
長期間飾りっぱなしにしておくことを前提とした量産品は、プラスチックや、加工用紙に印刷してあるものも多くあります。
日焼けや湿気などに強くインテリアには適していますが、本物志向の方には向きません。
次に、絵の部分をよく見ましょう。
絵画には大きく分けて、印刷、版画、手書きの三種類があります。
普通に販売されているものなら、どのようにして描かれたものか記載があるものですが、骨董市などで購入する際など、出自のわからないものを購入する際は拡大鏡などで一度見てみるとよいでしょう。
印刷なら、拡大して見るとドットで絵を構成している事がわかります。
印刷が悪いとは思いませんが、簡単に区別できるので見ておいて損はありません。
また、掛け軸独特のポイントとして表具(本誌以外の部分)があります。
本誌の図柄とマッチしたものであること、様式と図柄に相違がないことなどを確認すると良いでしょう。
個人がインテリアとして有する場合は、価値や値段を気にすることはナンセンスとも言えます。
しかし、ある程度の知識を持って購入、鑑賞することは無駄ではありません。
ぜひ正しい知識を身につけてください。

掛け軸とインテリアに関して

掛け軸は日本古来の芸術です。高価な作品から、安価なものまで幅広く出回っています。高価なものは、一般の家庭では購入が難しいような価格なものもあります。最近では、テレビ番組などで高価なものを発掘する番組が人気で長寿番組となっています。その番組の中でも、驚くような高額のものも登場しますが、そんな番組から若い世代の人も楽しみつつ日本古来の芸術を見る素敵な機会になっているのではないでしょうか。日本の観光名所でも手軽に親しみやすい価格で買えるようになっています。海外の観光客にも人気ですが、日本の若者にとっても気軽にインテリアに取り込めるようになってきています。インテリア雑誌にも取り上げられるなど、インテリアに組み込むことで個性的なモダンジャパニーズなインテリアを楽しむ手軽な材料になります。インテリアとしてのものでは、手ぬぐいのものもあります。好みのものを選択し、数種類あるかける棒と組み合わせてオリジナルのものを作成します。二千円から三千円前後で購入できます。今の日本人の住居はどちらかというと欧米型の風著が強くなっていますが、そんな今風な掛け軸であれば現代の若者でも手軽に親しむことができます。気分によって組み合わせをかえるなど、様々なバリエーションを楽しむことも魅力のひとつといえます。購入も多くの店舗で売り出しているため、手に入りやすい点も若者向けです。掛け軸は、古来の古めかしい文化ではなく、現代の若者にも取り入れやすいものと変化を遂げ、現代の日本人の生活に受け入れられようとしています。

おすすめWEBサイト 5選

郵便受け

ヨガインストラクター 東京

最終更新日:2018/7/20


COPY RIGHT (C) 掛け軸の書 ALL RIGHT RESERVED